あかちゃんの発達とことば その1

  • 2020.10.09 Friday
  • 10:02

赤ちゃんの成長や発達はからだに関することだけではありませんね…

生まれたばかりのあかちゃんは、「目は見えているのかしら?」「耳は聞こえているのかしら?」

今回は、言葉に関する成長の過程や育児のコツについてご紹介します。

 

あかちゃんはお母さんのお腹にいる時から耳は聞こえています。

あかちゃんは生まれてからも、お母さんの声を聞くと落ち着きます。

視力は0.01でぼんやり見えています。

お母さんに抱かれている時や授乳の時間などに、あかちゃんはお母さんの目と口はよく動くのでじっと見ています。

お母さんに抱かれて、お腹が満たされるという状況は、心地よいという「感覚」として赤ちゃんに刻まれていきます。

生まれたばかりの赤ちゃんが感じる様々な「感じ(感覚)」の中でも「心地よい」という感覚は何よりもまさるものはないかもしれませんね。

お母さんがおむつを替えた時「おしりきれいになったね」と語りかけ笑いかけ、おしりを撫でてあげる。

お母さんのさまざまな発信が赤ちゃんに向けられることで、赤ちゃんに心地よい「感じ」は確かな感情としてうけとめられていきます。

赤ちゃんに「触れる」と「話しかける(問いかける)」の2つが合わさることがとても重要です。

ついつい夢中になりがちなおむつ交換や沐浴などの際にも、どんどん話しかけてみてください。

その際の大事なポイントは

1)くりかえし聞く

2)興味を持っているときに聞く

3)楽しい気持ちで聞く

4)からだの動きとセットして聞く

の4つです。

赤ちゃんへの話しかけはお母さんだけでなく、お父さんからの話しかけもとても重要です。

照れずにどんどん話しかけてくださいね。2人で一緒に話しかけると更にGOODです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM